英文財務諸表の作成でお困りの方!支援サービスのある企業を徹底比較!

HOME > 英文財務諸表作成の支援について > 英文財務諸表を作成する場合の注意点について

英文財務諸表を作成する場合の注意点について

英文財務諸表を作成する場合には、日本における財務諸表の作成よりも細心の注意が必用ともなります。
一般的に英文財務諸表を作成していく場合の注意点には、勘定科目を海外投資家が馴染んでいる表記に変えていくことが挙げられます。
国内での表記には良くても、海外における財務諸表では、目を通す投資家の方の視点も変わっていきます。
英文財務諸表の作成と、海外における投資家への対応に長けている監査法人等の助言を得ていくことが大切です。
インターナショナルインターフェイスのような海外市場に長けた監査法人に依頼していくことで、確実な英文財務諸表を作成していけます。
海外への情報開示の場合には、国内での財務諸表の開示以上に数字の反応が大切になっていきます。
自社のアピールポイントとして英文財務諸表を捉え、慎重に作成をしていきましょう。


英文財務諸表を作成していく場合には、事前に組替表の作成を行っていくことが大切になっていきます。
経験豊かな監査法人とは言っても、全てを任せるのではなく、組み換えを行う対応についてを事前に考えておくことが大切になっていきます。
また、出来上がった英文財務諸表の表記についても確認を行い、見やすいものになっているかの検討も大切です。
最新の会計基準に対応をしているかについては、監査法人に対応を依頼していくことで対応出来ますが、見栄えについては会社の顔にもなっていきます。
事前の打ち合わせと、作成後の確認を怠ることもなく、確実な作成を心がけていくようにしましょう。
英文財務諸表の作成を依頼する監査法人への依頼を行っていく際には、明細票や台帳などの元データの提示も心がけておき、確実な作成を行っていけるように心がけていきましょう。


英文財務諸表を作成していく場合には、海外投資家に対するIR情報の開示や、新規取引先の開拓等、様々な用途での利用を考えるのが普通でしょう。
インターナショナル・インターフェイスのような国際法務に長けた会計事務所を活用し、問題の無い取引を進めることができるような英文財務諸表の作成を実践していくようにしましょう。
最新の会計基準に照らしあわせていると言っても、目的にそった英文財務諸表として仕上がっていなくては有効な資料にはなっていきません。
自社が海外展開していく目的を明確にし、事前に完成イメージを固めておくことが大切になっていきます。
監査法人と一緒に、自社に最適な英文財務諸表の作成を行い、確実な海外展開を実践できる財務諸表の作成を実践していくように心がけていきましょう。

 

▲ ページトップへ