英文財務諸表の作成でお困りの方!支援サービスのある企業を徹底比較!

英文財務諸表作成を支援してくれる業者の比較

現在のビジネスはグローバル化が進んでいることもあり、海外の投資家は日本企業に対して英文財務諸表の開示を要求するケースも多くなってきています。また上場会社だけでなく非上場会社であっても、海外の取引先等から取引開始するにあたって、英文での決算書を要求されるケースもあります。

なお、英文財務諸表作成をしたくてもどうやって作成すれば良いのか困った際は、英文財務諸表作成を支援してくれる業者を頼るのが一般的です。こちらの比較サイトでは、英文財務諸表作成を支援してくれる業者を詳細に比較することができます。

この比較サイトでは、複数の英文財務諸表作成を支援してくれる業者を分野ごとに比較することができます。業者の規模や料金、サービス内容などを詳細に比較することで、依頼人にとって一番適している業者を探し出すことができます。

株式会社アイ・アールジャパン

株式会社アイ・アールジャパンの顧客は、基本的に上場企業となっており、従来は投資家向け広報業務をアウトソーシングしていました。現在は「M&A新時代のソルーションパートナー」として、日本企業の発展的改善のサポートを行っています。

アイ・アールジャパンの主な業務としては、合併や経営統合、そして買収に関する英文財務諸表作成や助言で、独自の情報インフラを活用した支援が可能になっています。創業者の鶴野史郎は日本にIRを根付かせた人物の一人で、早くからIRビジネスの可能性に気づいていました。

アイ・アールジャパンは創業者の意志を受け継ぎつつ、さらなるIR概念の拡大となるSRに取り組んでいます。企業と株主の信頼関係構築をサポートすることで、安定的かつ持続的な経営基盤に繋げていきます。単なる広報活動ではない、具体的な株主判明調査も同時に行っています。

インターナショナルインターフェイス

インターナショナルインターフェイスは、クライアント企業がグローバルレベルでのビジネスの最適化、収益の最大化の実現を行う上で必要となる、情報収集、市場開拓、提携、投資などあらゆる側面で国際ビジネスをサポートするプラットフォームを提供します。このプラットフォームを利用することで、クライアント企業が国境という障壁を負担に感じることなく自由なビジネスを展開することができるようになることを目指しています。

日本基準の財務諸表の英訳だけでなく、米国基準や国際基準形式への組み替え作業を行っています。作業は米国公認会計士や大手の国際会計事務所での経験と実績を持つスタッフが担当し、高度な専門知識を活用した英文財務諸表作成サービスなどを実現しています。

IR支援(投資家・株主対策支援)、資料の作成から株主総会の通訳までトータルサポートします。国内、海外の株主や投資家向けのIR資料を、日英はもちろん、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、ロシア語、ポルトガル語など多言語で翻訳します。

エイゾン・パートナーズ

東京は赤坂に本社を構え、タイに関連会社を持つ、英文財務諸表作成を支援を主に活動している企業、エイゾン・パートナーズは、海外へ進出を考えている企業を総合的にサポートする専門的企業です。サービスの特徴ですが、まずは、企業の合併・買収、いわゆるM&Aのお手伝いです。近い将来M&Aを予定している企業や、すでに実行段階にある企業、そして、今進めている企業へ、財務・会計・税務などのサポートを行っています。

それから、株式公開支援です。これから株式公開の準備を行って行きたいと考えている企業への、的確なサポートであり、サービスになります。準備途上の企業へは、途中の段階からでも支援を行っているそうです。目前に株式公開を控えているけれども、書類やJ-SOXの文書化が上手く進まないとおっしゃる企業へ、株式公開緊急対応支援も行っています。もちろん、海外の株式市場での株式公開のお手伝いもしているそうです。

海外進出支援サービスでは、アジアの国々への進出サポート、海外進出を検討している企業へ、税務と言う分野を包括的にサポートする、国際税務サポートがあります。そして、英文財務諸表作成支援では、英文での情報開示のサポートを行っています。英文財務諸表及び注記の作成から、監査の対応までを支援し、英文の財務諸表は、日本基準で作成された日本語の財務諸表、有価証券報告書などを元に作成しています。国際会計基準、米国基準に基づいた、英文財務諸表の作成を支援します。これから海外へ進出して株式を公開して、事業を進めて行くことを望む企業の、力強い味方になることでしょう。

株式会社プロネクサス

株式会社プロネクサスではIRソリューションとして様々な支援サービスが行われています。海外の投資家のためなどに役立つ英文財務諸表作成の他にも、英文による株主総会招集通知や決算説明会資料などが作成してもらえます。

株式会社プロネクサスなら豊富な実績を有しているため、安心して任せることができるはずです。英文開示資料の年間作成件数は約1200件で、アニュアルレポートは年間作成社数が40社です。また英文株主総会招集通知のシェアは30パーセントに上ります。

株式会社プロネクサスが提供しているサービスに興味がある場合は、電話で問い合わせることができます。電話の受付時間は平日の9時から17時30分までですが、問い合わせフォームを利用すればいつでも連絡することができます。

APアウトソーシング株式会社

財務セクション掲載の英文財務諸表は、法規制に基づく開示と異なり、定められた様式はありません。APアウトソーシング株式会社では、多くの日本企業が有価証券報告書掲載の連結財務諸表をもとに、これを英文化し、海外投資家に馴染みやすい様式に組換えて英文財務諸表作成しています。

日本企業が採用している様々な開示スタイル・作成方法・監査法人による違いについて熟知、海外の開示事例も調査し、要望にあわせて財務セクション・英文財務諸表を作成、監査対応まできめ細やかにサポートします。 和文アニュアルレポート用に、英文財務諸表の様式による和文での財務諸表作成も支援しています。

監査の実務経験を有するバイリンガル会計士が、企業の担当者に代わり、“海外投資家にとって「読み易く」「理解しやすく」「有益な」財務情報となっているか”という視点で細部にわたり検証し、よりスマートな開示となるよう提案します。

財翻

財翻は、英文財務諸表作成をサポートしています。会計士の資格を持つ専門家も含めた経験豊かなチームが、海外の投資家に馴染み深い表現とテクニカルタームに十分配慮して作成し、必要に応じて監査対応まできめ細やかに対応しています。

必要に応じて、財務諸表上の科目の集約や組替え、注記用データの組替え、ドル換算などを実施します。専門用語、内容をふまえた翻訳により、財務諸表を作成します。要望に応じた内容をふまえ、より実務的な英語表現により実務表現による注記の書替えを実施します。

監査法人質問対応をサポートします。要望に応じて、監査用資料を作成し、監査費用の軽減および作業軽減を支援します。財翻では経験豊かな社内スタッフに加え、国内外の会計事務所と提携することにより、実績と最新情報を提供サービスに活かしています。

英文財務諸表作成支援の利用価格

海外の投資家から英文財務諸表を開示することが求められたり、ビジネスのグローバル化が進んで海外の取引先から英文財務諸表作成を要求されることがあります。そんなときには、国際会計事務所に相談してみることをおすすめします。外資系や国内の企業を顧客として抱えている国際会計事務所では、英文財務諸表作成に対応してもらうことができます。ある国際会計事務所でもこの支援サービスを実施しており、これまで培ってきた豊富な経験と高い専門性を駆使して英文による決算書を正確に作成してもらうことが可能です。また急いでいる場合にも対応することができるように、工数を少なくして効率よく作成をすすめることができます。さらに英文決算書の作り方を教えてもらうことができるため、経理部門でも処理できるようになります。

この国際会計事務所では英文財務諸表作成に対応しているだけではなく、監査にまで対応してもらうことができます。英文財務諸表作成にあたっては日本語でつくられた有価証券報告書などが必要になるため、提出する必要があります。日本基準の英文財務諸表を作成する際には、必要となるデータを収集してもらってから科目の集約などを行い、テクニカルタームの使用などに注意を払いながら仕上げてもらうことができます。またIFRSやUSGAAPに基づいた英文財務諸表作成にも対応してもらえて、組み換え用のワークシートを作成しながら日本基準から国際会計基準に変換してもらえます。請け負ってもらえる価格は、時間単位15000円を基準として見積もってもらうことが可能です。ぜひ利用してみてください。

この国際会計事務所では無料相談が実施されています。電話で相談したいという場合には、受付時間である平日の9時30分から18時までに電話をする必要があります。ウェブフォームを利用する場合には土曜日や日曜日、祝日でも休みに関係なく受け付けてもらうことができるため便利です。名前やメールアドレス、電話番号や会社名、会社のホームページや住所に加えて、検討しているサービスプランや相談内容を記入する欄が設けられています。この国際会計事務所では英文財務諸表作成や監査だけではなく、日本法人の設立や税務コンプライアンス、キャッシュマネジメントや給与計算にも対応してもらえます。また会計アウトソーシングや国内ベンチャーの資金調達なども行っているため、興味がある場合は気軽に相談することができます。

▲ ページトップへ